スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性病検査に行ってきました。

突然のお知らせで申し訳ありませんが、正直に病気の報告をします。



先週の金曜日に病院で受けていた咽頭クラミジア検査の結果が先ほど分かり、陽性測定が出ました。
咽頭クラミジアは主に性行為で感染する性感染症で、私のセラピーにおいてはクンニリングスのようなオーラルセックスで女性器に、ディープキスのような粘膜接触で咽頭への感染がおこりうる病気です。
性感染症を患うのはこれがはじめてになります。

咽頭クラミジアについて分かりやすく紹介している外部リンクです。ぜひお読みください。→http://www.inntouchlamydia.com/
私の場合は自覚症状がなく、咽頭科のドクターが見ても分からないほどだったため、外部の機関に調査を任せてはじめて感染が確認できました。

咽頭クラミジアの検査は今年4月17日に陰性を確認したのを最後に検査に行っておらず、しかし6月中ごろまでセラピーをお休みしていたことを考えると私への感染機会は一番早くてちょうど3ヶ月前くらいということになります。
そして、咽頭クラミジアの潜伏期間は早い人で1週間ほど、遅い人では1ヶ月以上かかる場合があるそうなので、私が無自覚のまま咽頭クラミジアに感染し、さらに感染させうる状態にあったのは考えうる限り一番早くて今年7月初頭だったということになります。
つまり、どうしようもなく申し上げにくいことには、その期間がもっとも長かった場合、今年7月初頭から今日までの二ヵ月半の間に私を中心に感染を拡大した可能性が事実としてあるということです。



さて、今後のお話ですが・・・

咽頭クラミジアの治療は今日からはじめて6日後の10月1日で回復する見込みです。

10月1日よりも早くの日でお約束をしていたお客様には既にご連絡を差し上げていますが、回復見込み日以降でただいまご予約いただいているお約束をこちらからお断りすることはいたしません。

ですが、たとえ重い病気や珍しい病気でなくとも病気の危険を伴うセラピーを気味悪く感じられるのはよく分かります。
しかも、HIVや肝炎、梅毒など予防手段がきっぱりしている感染症とは違い、
今回感染してしまった咽頭クラミジア、性感染症ではありませんが唾液で感染する風邪などももちろん、感染したことはありませんがクンニリングスで感染する淋病などについて、性感セラピストである私は今後も感染する可能性があります

帯状疱疹を患った際にも申し上げたことですが、もしもキャンセルをご希望される場合には、私は喜んでお受けする考えです。
お客様がブログをご覧くださり、私が募集をし、ご予約をしていただき、そして楽しみにしてくださっているお客様を前に「喜んでキャンセルを受け付ける」という表現がいかに失礼であるかは承知しているつもりですが、「本当はちょっとキャンセルしたいけど、病気の記事を読んですぐキャンセルというのはカンジ悪いかな?」なんて思ってキャンセルを遠慮してしまうことこそ決してして欲しくないのです。

今後は咽頭クラミジア、淋菌感染症の確認を月に1度程度行おうと考えています。
何が何でも行きます。まじで這ってでも行きます。お客様に迷惑をかけたり、お客様を不安がらせるのはもうたくさんです。



最後に画像いくつか

imdfdfage.jpg

こちらは西新宿にあるアイランド耳鼻咽頭科による検査報告書です。
咽頭クラミジアで陽性、淋菌で陰性がでていることを示しています。
治療薬はビブラマイシン錠100mgという抗生物質と、ネオヨジンガーグル7%という殺菌うがい薬です。



imagedg.jpg

こちらは咽頭クラミジアの陽性を知った直後に行ってきた別の病院による検査結果報告です。
この記事を書く前に、せめて他の感染症の状況を確認すべきだと考え、検査結果を即日で公開してくれる病院に行きました。
場所は西部新宿駅近くの新宿山の手クリニックです。

即日で結果を報告してくれるHIVと梅毒の検査のみ行い、その感染が認められなかったことを示していますが…
うーん、これだけ見ると肝炎や淋病に感染しているかのように見えてしまいますね…、もっとちゃんとした書面をもらってくるべきでした。
私のサインは後から書き加えたものです。



以上で報告はおしまいになります。

成瀬涼介
スポンサーサイト
プロフィール

成瀬涼介

Author:成瀬涼介

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。